[2014/02/03] 

デキるビジネスマンを可視するための法則・第二弾。

成功を獲得したいビジネスマンに不可欠な印象管理術のノウハウをお伝えするセミナーです。

「ビジネスで差がつく、デキ男ブランディングセミナー」 :フェイスマネジメント&コミュニケーション編

「意外に知らない」、「今さら人に聞けない」ビジネススタイリングの掟、デキる男にみせるスタイリングのコツを、しっかり楽しく学べます。

開催は、2月27日(木)、3月6日(木)の2回。いずれも19時からの開催です。
主催はスルガ銀行 d‐Labo 六本木ミッドタウンタワー7Fです。

3月6日の内容はこちら

お仕事帰り、お仲間を誘ってお気軽にご参加ください。

[2014/02/03] 

これからの時代、自分をより優位に印象付ける「アピアランスマネジメント」はビジネスマンにとって欠かせない営業ツールのひとつ。
自分目線ではなく、相手目線で、いかに自分を信頼できるビジネスマンとして受け入れてもらえるか?それには、目には見えにくい自分の能力や想いを目に見えるように可視化することが重要です。

そこで、可視化の法則=「印象管理術」のノウハウをお伝えするセミナーを開催します。
「意外に知らない」、「今さら人に聞けない」ビジネススタイリングの掟、デキる男にみせるスタイリングのコツを、しっかり楽しく学べます。

開催は、2月27日(木)、3月6日(木)の2回。いずれも19時からの開催です。
主催はスルガ銀行 d‐Labo 六本木ミッドタウンタワー7Fです。

2月27日(木)は 服装マネジメント編。
詳しいセミナー内容はこちらから。

仕事帰りにお仲間を誘って、是非遊びにいらしてください。

[2014/01/31] 

自分の意識を変えたり、新たな覚悟を持った時に、イメージコンサルティングのご相談を受けることが多いように思います。一般的にパーソナルカラー診断をすることが主と思われてるようですが、それはスタートであり、あくまでもほんの一部。お客様の今後のあるべき姿にゴールの旗印をさし、現状からそこに向かって、何をどう変化させれば最短でゴールに到達するのか・・・そのベクトルに適した様々な手段を用い、解決のお手伝いをするのがイメージコンサルタントの役目。

さて、眉はその人の顔の額縁であり、その人の印象を左右する大切なポイント。人格をも表すもの。
また、面白いことに、眉には時代が反映され、モノやコトの流行が目まぐるしく変わっていくと同様、眉もその時代の価値観やそこに象徴される理想の女性像を如実に表し、変化してしています。

ところで、今はどんな眉が流行っているか、ご存知ですか?実は、ここしばらくは「薄太眉」が注目されています。
そう、名前の通り、薄くて太い眉!気にしてみると、テレビでもよくみる好感度芸能人の多くは、この薄太眉。

では、「薄太眉」にどんな効果があるのでしょうか?

まず、太いということで、肌面積が小さくなり、小顔に見える。眉が細いと老けて、意地悪にみえるが、太めにすることで若く見える、目が大きく見えて表情が明るく見える。
しかし、太くて濃いと、ひと昔前の強い女性、意固地なイメージになり、今の時代にはちょっと重い。
そこは、太いながらも、敢えて意識的に薄さを強調することで、新しい太眉が完成する!

では、薄目にすることの効果は?
薄めにすることで、優しい雰囲気がでる。肌色になじんでナチュラルに見える。控えめで女性らしい印象になる。人からの反発をうけにくい。つまり、相手を和ませる受け身上手の印象を醸し出すのです。

先日のお客様はいつもきりりとした細めの角度眉を描いてましたが、ソフトトーンの優しいカラー、ふんわりしたやわらかなラインの服装でフェミニンなテイストにチャレンジしていただくために、「薄太眉」の描き方をマスターしていただきました。

その様子をご紹介。

まず、用意するものは、パウダータイプのアイブローと明るいブラウンの眉マスカラ。
眉7.jpg

この眉マスカラがいい仕事をしてくれます。
眉8.jpg
最初に、眉のベースとなる形をパウダーで作ります。
このアイブローは3色セットですが、一番明るいベージュはノーズシャドーに、真ん中のミディアムブラウンは眉の中央に、右端の濃いブラウンは、眉尻につけ、外側に向かって濃くなるようにグラデーションをつける。
まゆ1.jpg
この時、ちょっとだけ、太めにつくることに意味があります。
目と眉の間が離れている方、まぶたが腫れぼったい方は、眉の下側を太くし、丸顔や五角形のふっくら顔の方は、眉の上側を太くして、顔を縦長に見えるように描く。

こんなに眉毛が生えてない方には、むしろペンシルで描くより、パウダーの方がナチュラルに仕上がります。
まゆ.jpg

この段階では、ちょっと濃いめでもOK。この後に明るいブラウンのカラーマスカラを付けるので、程よく濃さが中和されますから。髪の毛と同じくらいの濃さで、重要なのは形がきちんと作れていること。
まゆ1-2.jpg

さて、その次は、眉マスカラ。えっ?これをつけるの?と躊躇うくらいの明るいブラウンカラーを選びます。

最初は眉毛の流れに逆らって逆方向にマスカラをなじませながら、眉毛にしっかり色をのせていく。最後に、毛の流れに沿ってブラッシングするように、毛先を整える。まゆ2.jpg

はい、これで簡単!出来上がり!ちょっとくらい、太め調整が失敗しても、眉マスカラを付けることで眉の立体感がでて、なんとなく雰囲気のある、新鮮顔に見えるから不思議!
まゆ10.jpg

ただ、髪の毛が真っ黒の方、ヘアカラーせずにナチュラルブラックでいる方は、この薄いブラウン眉とは相性が悪いです。
こちらが、エボニーペンシルで描いたシャープな眉、これはこれで、知的に見えるが、ちょっと老けて見えるのは否めない。まゆ4.jpg

まゆ4?1.jpg 眉だって、その時の服装やカラー使い、はたまたその日の気分に合わせてイメージを変えてみる! ちょっとした自分のパーツを変えるだけでも、随分イメージが変わって見えるもの。そして、それでウキウキできれば、心も体も快適になってくる。ささやかながら、モチベーションコントロールの一つ!!!

そんな自分の楽しみ方も悪くないですよね!


カレンダー

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31