[2015/07/08] 


弊社代表・宮本雅恵の取材記事が、日経新聞に掲載されました。

「若さ」をテーマに、伊藤忠ファッションシステム ナレッジ室長の小原さんから取材を受け、その記事を7月1日の夕刊に載せていただきました。。

その一部を以下に紹介いたします。

「男性は活力、行動力といった積極性を持ち続けることを”若さの証”ととらえ、それを下支えする体力や知識の維持・向上に努める傾向がある。女性は心身の健康から体型、肌質、髪型、着ている服など、見た目のあらゆる要素から”若さ”を意識している。

企業研修や個人向けにヒューマンイメージコンサルティングを行っている イメージ・ブランディング代表の宮本雅恵さんによると、ここ数年、自分自身の見せ方に関する講座が人気だという。カラー診断、服のコーディネイト、姿勢、ウォーキング、ヘア・スキンケアなどの中から、その人に必要なレッスンを実施しているが、「『若さ』を感じさせる秘訣は『姿勢』にある」と説く。

姿勢が良くなると、颯爽とした前向きな印象を与え、実年齢以上に生き生きと見える。目線や発声も良くなり、「この人になら仕事を任せられそう」とビジネスの扉も早く開くという。

体型維持は、服を着る楽しさや、人とのコミュニケーションに自信が持てるといった副次的効果も大きい。生活者は決して若づくりがしたいわけではない!”若さ維持”は、自己満足にとどまらず、他者への扉を開く術としても活用できるのだ」。

弊社 (株)イメージ¥ブランディングは、人やモノのブランディングをサポートさせていただいております。
掲載された写真も、弊社の研修風景です。
IMG_3184.JPG

仕事においても、プライベートにおいても、気後れせずにイキイキと自分らしさをアウトプットする。デキそうでいて、意外とできないと思いませんか?

アウトプット力の向上にご興味ある方は、弊社までご連絡ください。
企業研修、講演、個人レッスンなど、様々なメニューをご用意しております。

[2015/07/07] 

顔がちょっと疲れて見える時、一気に老けを感じませんか?
そんな時、スキンケア対策も大事だけど、意外やアイメークの質感や色味使いも大きなポイント
そこで、今回は”疲れを見せないハリのあるメークポイント”をご紹介!

お奨めしたいのは、やはり「ルナソル」。
色揃え、配色バランス、パールの質感と申し分なし!右に出るものもなし!ということで、ずっと継続購入しています。

今回購入したのは、グレージュのセット。
ルナソルアイシャドー.jpg

いつもはブラウンのセットを選ぶのですが、夏だし、今夏は色黒の服が多いので、ちょっとエレガントで涼しげな目元にしたいと思ったので、グレーがかったブラウンにしました。

ルナソルの色揃えは、本当に豊富で、どれをとっても無駄になる色がないくらい、うまく色設計がされています。また、ブルーベースの肌に似合うブラウン、イエローベーの肌に似合うグレーと、単純なカラーでアイメークしたくない上級者も満足できる色揃えです。

さて、まずは、まぶたにつけるライトカラーをよく吟味してほしいのです。まぶたはとても大切なパーツで、明るくくすみないハリ感をつくることで、若さが舞い戻ってきます

瞼にはオフホワイトをつけると効果的ですが、オフホワイトは自分の白目に近い色を選ぶのが基本。白目の色は十人十色ですが、黄味がかっているか、青みがかっているか、赤みがかっているか、その色系統にあわせてオフホワイトの色系統も選ぶと、目がとても艶やかに澄んでみえます。

それから、さらに「ルナソル」の際立っている点は、パール感の光沢感に極上の品があるところ。パール感もピンキリですが、「ルナソル」のパール感は、キラキラ、ギラギラと存在感たっぷりに輝くのではなく、きめ細かいパールが濡れたようなしっとりした、控えめな品の良い光沢感を放ちます。これが、目を伏せた時に“オンナっぷり”をあげてくれるのです。

さらに、もうひと手間のケアとしてお勧めしたいのが、「ルナソル アイリッドベース
ルナソル下地.jpg

これは、アイシャドウの下地ですが、実に良くできています。これをつけると、アイシャドウの発色や色持ちが抜群に良くなり、さらに ヨレが全くない。何よりも、まぶたのくすみや影を消し、ふわっと明るくなって、一気にハリのある瞼が完成します。

「ルナソル」って、ホントにすごいなあ!元・メーク品開発者の私としては、感心しきり!
アイシャドウは元々定評があり、色味ののり、濡れたような品の良いパール感、外観色と塗布色のギャップのなさといい、どこをとってもかなりの合格点。これを使い始めたら、他のアイシャドウが物足りなくて仕方ない!

プロ受けはもちろんのこと、長い間愛され続けているロングセラーアイシャドウです。

[2014/10/04] 

本格的な秋の到来ですね。過ごしやすい季節になり、ファッションやアウトドアレジャー、食べ物にも積極的に欲がでる季節ですね。
当然ですが、季節が変わると、生活から志向からあらゆるものが切り替わります。だから、四季があるって本当に大切だと思います。自然の移り変わりが堪能できることも嬉しいですが、自分をリセットできるタイミングがあるということも生きやすい気がします。

さて、夏から秋に激変するのは何と言ってもファッション。色使いや素材、スタイリングのチェンジは実に楽しいものですが、私がかなり気にするパーツは脚の色です。夏は生脚の方も多いでしょうが、秋は否応なしに脚の色がファッションの大きなポイントになることは間違いなし。ボトムとシューズの色をつなぐ役目があり、その色の繋ぎ方次第によっては洗練度が180度違いますから。つまり、秋冬ファッションの縁の下の力持ちはストッキングやタイツの色。

そこで、かなり手応えあるストッキングが「LANVIN」。
IMG_0007.jpg

スカートと靴間で完成度の高い色繋ぎをしたければ、間違いなくこれをお奨めします。
まず、薄さ、透明感、素肌感がこの上なく、抜群です。自分の肌色にあった色を履いていると、必ずや「生脚?」と聞かれるほど。逆を言えば、肌の色を見事に透かしてしまうわけです。

だからでしょうか?色揃えは他のラインに類を見ない位、充実しています。
真骨頂はやはり色設計(色味や明るさの度合い)。ストッキングとして成立する色合いが、微妙に、実によく計算されてラインナップされています。もしかしたら、その微妙な差さが認識できない方もいるのでは?と思うほどに。

普段、ストッキングの色は単純にベージュが多いと思いますが、個々の足はベージュといっても、微妙に千差万別。
その脚の色の微妙さに見事に付き合ってくれるのが、この「LANVIN」なのです。

ブルーベースの脚に合うベージュ色は少ないので、お困りの方も多いでしょうし、実際、不思議な脚の色の方もお見かけます。逆に、イエローベースの方に合うグレージュが見つかるのも、この「LANVIN」。赤味がかったベージュ、グレーッシュなブラウン、紺っぽいダークグレーなど、つまり曖昧な色合いを上手くついてます。

ブルーベース、イエローベースで色揃えが充実してるって、あまりないですよね。さらに、色相だけでなく、明るさと鮮やかさのトーンバリエーションもすごいから、見事!としか言いようがない。さすが、グンゼさんが長年作り上げたブランドです。他を寄せ付けない風格すら感じさせます。

スカートと靴の合わせ方によって、微妙に脚の色合いを変えたい時ってありますよね?本当にそんな時には「LANVIN」で救われます。不思議とピタッとした繋ぎ色が見つかるので、私はいつも常備薬のように6色ほどストックしています。

さらに、色だけの満足でなく、この透明感が筋っぽい大人の女の脚に見せてくれるのです。だから、”気合入れて、ピンヒール履かなきゃ申し訳ないぞ”と背中も叩いてくれるわけです。

脚の色合いは、実にファッションの完成をを左右します。スカートと靴の色繋ぎに疑問を抱いていた方、是非お試しください。カラーコーディネイト力が必ずやレベルアップしますから。

< 前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10  次のページ >

カレンダー

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31