“運動で新陳代謝アップ”

[2015/08/20] 

過酷だった暑さも、朝夕は随分凌げるようになりました。夏も終わりかと思うと、すごく淋しいのですが・・・。

陽射し.jpg

さて、暑くてムシムシした夏は、どうしても運動が億劫になりがち。ついつい身体を休めてしまいますが、これからの季節は運動を復活させたいものです。美肌を保つには運動が大切。運動と肌は決して無関係ではありません。実は成長ホルモンの分泌が肌にとっても大切です。

成長ホルモンは身体の代謝を高め、若さを保つ重要なホルモン。運動すると成長ホルモンの分泌が高まり、肌の代謝もぐんとアップします。最近肌がくすんでいる、顔色が悪い、つやがないなどの自覚症状がでたら、それは運動不足のサインかもしれません。

表皮のターンオーバー(代謝)は約4週間かけて行われますが、年齢と共に代謝速度は遅くなり、40、50代になると6週間くらいかかるともいわれています。また、夏は特に紫外線や温度、湿度から守ろうとし、肌自身が肌を分厚くするので、余計にターンオーバーが鈍ってしまいがちです。この結果、分厚くなり透明感を失った肌はくすみ、シミやニキビ、吹き出物などのトラブルが起こりやすくなります。

そこで、ターンオーバーを高めるには定期的な運動を心がけましょう。成長ホルモンを効果的に分泌させるには15分程度、しっかり汗をかく運動を行い、その後ゆったり休息するとよいと言われています。この間に成長ホルモンが身体によい作用をもたらせてくれます。

また、運動は血行も良くするので、さらに肌への効果も絶大です。血液の流れも年齢と共に滞りがちになり、その結果、肌の代謝も鈍ってしまいます。身体を動かせば、肌のすみずみまで酸素がいきわたり、肌の代謝もアップするので、肌がくすむ、シミが残る、吹き出物が治りにくい、化粧のりが悪いなどの不調は、運動で解決できることも多いです。

ジョギング.png

さらに、不眠やイライラ、気分が落ち込むなどのメンタル面の疲れを自覚している方は、真っ先に運動に取り組みましょう。
運動は身体だけでなく、「ランナーズハイ」で知られる脳内麻薬とも呼ばれる「βーエンドルフィン」、わくわく感が高まる「ドーパミン」、ハッピーホルモンともいわれる「セロトニン」などの神経伝達ホルモンを脳内に分泌します。ウォーキングやマシンエクササイズ、ダンスなど心地よいリズム感のある運動を20分くらい続けることをお奨めします。

仕事で疲れて運動などできないと思いがちですが、デスクワークで脳ばかりを使い、身体を使わないでいると、心と身体のバランスが崩れ、気持ちが前向きになりません。身体を動かさないと血行も鈍り、乳酸などの疲労物質も溜まって疲れが抜けません。これでは悪循環。疲れている時、気分が滅入る時こそ、思い切って身体を動かしましょう。

運動が心と身体の代謝をあげ、心と身体のハッピーにしてくれます。そして、それが確実に連鎖して肌に伝わるのです。
代謝こそがアンチエイジングの要です。

ブランディングコンサルタント 宮本雅恵

トラックバック [0]

この記事に対するトラックバックURL : http://image-branding.co.jp/mt/mt-tb.cgi/189

カレンダー

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31