2011年7月

[2011/07/15] 

何がか変わった訳ではないけれど、今年の夏はいろんな懸念に気が回り、”新たな試み”をすることが多い。

スーパークールビズ対策で、いきなり二の腕だすのが平気になったりすること自体、私にとってはかなり衝撃的な変化なのです。

さて、今年の夏の暑さは覚悟してました。そんな夏を迎えたら、今まさにバテバテピークの私のこの身体は持ち堪えられるのかしら?それ以上に、過酷な闘病中の兄はどうなるの?ダンナは?子供たちは?うちの清澤だってハードな仕事でバテ気味だろうし・・・なんて、いろんな人の健康が頭をよぎり、なんか手軽にできる夏バテ対策は?と思っていた・・・ちょうどそんな時、友人からいい話を聞きました。

「酵素ジュース・・・!」うん、いい響き。「しかも自分で簡単に作れるの?」酵素ジュースのダイエット効果には信頼感を抱いてたので、だったら自分で作ってみようかしら・・・。

そこで、友人の教え通りに”梅の酵素ジュース”を作ることに。店頭から消える寸前ぎりぎりで南高梅を買ってきて、さっそくトライ!
酵素ジュース.jpg
蓋つきの大きなポリ容器(多分掃除用)もダイソーで買って、その中に南高梅とその上に同量の砂糖をどっさり被せ、蓋のように覆いかぶせる。その後、朝晩2回2日間ほどかき混ぜると、3日後くらいには大量の水分がでてる。そのまま放置し、熟成させて5日間。あっという間に「酵素ジュース」の出来上がり!
IMG_1433.JPG

残った梅の果肉は、コトコト煮詰めて、”梅ジャム”に!
IMG_1437.JPG

こんなに簡単!! なのに超美味しい!!梅嫌いの私なのに、このさわやかさ、スッキリ感がたまらない。
一日に家で、オフィスで、一体何杯飲むことか!
とても利尿作用があるようで・・・ちょっと面倒だけど、でも身体が浄化されてる感じがするもんね。

おかげさまで、パワー復活!バテバテ気味で遊びに行くのも億劫になってたのに、夜の予定をジャンジャンいれてます!
たっぷり作ってオフィスにも置いてるので、夏バテしそうな時は是非飲みにいらしてくださいませ?!

もう一つ、私にしては信じられないことをやってしまいました!
なんと、”日傘”を買いました。といっても、日焼け防止ではなく、暑さしのぎ。

日向より日陰の方が断然涼しいことを実感してから急に日傘が恋しくなって・・・。
IMG_1434.JPG

表参道通りって、大きな木々が生い茂って影をつくってくれてるから、ガンガンの炎天下でも少し風さえあれば、涼しくてすごく気持ちいいんです。あの日陰の心地良さが忘れられなくて、ついつい買ってしまったのかもしれません。

ちょっと似合わないかもしれないけど、少しでも「涼」をとりたいこの夏

よくよく冷静に考えてみると、こんな行動をすること自体、やはり歳をとってきてるのかもね?

[2011/07/08] 

この歳になれば、当然、肌のたるみは避けられないと覚悟はしていものの・・・いざ、やってくると狼狽えるものである。

あろうことに・・・目の下に、ついに”たるみ”がやってきた!正直、想定外である!!

こんなことで狼狽えてはいけないよ。できたしまったものは仕方ない。シワやたるみのような、形態上のトラブルは、化粧品では消せはしないもの。
かといって、このままのさばらせておくのは我慢できない!多少なりとも、緩和できるような対処をしなければ・・・。

そこで、コンシーラーの登場である。
クマならば、色で消すことはできるか、たるみというのは何てったって、肌上の凹凸。だから、そうは簡単には消せはしない。つまり、コンシーラーの商品力とテクニックが勝負なんです。

ということで、以下4品比較をしてみました。

トップバッターは 「ロレアル アイロールオンブライトナー」
IMG_1365.JPG
確かにネーミング通り、目の下がとっても明るくなり、ハイライト効果は高い。だから、今っぽい顔にも仕上がる。しっとりしたテクスチャーなので、目の下の乾燥も気にならない。

だけど、たるみによる凹凸の緩和にはあまり効果なし。さらに、ハイライト的な白さ(明度)はあるが、色味の工夫がないので、青いクマは隠せず、むしろ青白さが増す傾向。
初期的な目の下のトラブルにはいいが、エイジング対応には ちょっと厳しいな!

次は、「MAC モイスチャーカバー」mac.jpg
ロレアルに比べると、色味がややオレンジ味を帯び、彩度もそこそこなので、色味によるカバーが期待できる。しかし、密着感が今一つで、しかも若干ヨレがでる
。凹凸に引っ込んだ「ここぞ!」という部位につけたいけど、なかなかそこだけに収まってくれず。

つまり、フィット感が足りないので、つけた瞬間はいいが、持ちが物足りない。化粧直しで付け加えると、厚みがでるので(特にパウダーファンでの上からだと)ちょっと躊躇してしまうところ。

密着感の良さでいうと「shu uemura カバークレヨン」は優れもの!
IMG_1363.JPG
ペンシルタイプなので、当然一番粉っぽく、厚みもある。でも、リキッファンでにも、パウダーファンデにもさり気なく相性が良い。カバー力があるし、ペンシルタイプなので、凹凸の引っ込んだところにスポットでつけられる。持ちもそこそこよろしい!
ただ、カバー力と厚みがあるので、上からパウダーで抑えると、へたするとかなり厚ぼったくなり、目の下のシワを目立たせることに・・・。パウダーの相性が肝心です。

色も2色あるので、肌色に合わせて調整は効くが、惜しいかな・・・色味がもう少しオレンジ味を帯びていると目の下のクマの青黒さがもっと消えるのに・・・。

クマの青黒さって、通常の肌色ではなかなか消しきれないんですよね。
何がいいかって、補色のオレンジです。オレンジ色が意外や、目の下の青さというか紫味というか、あの暗さを消す効果が抜群です。

補足ですが、クマ消し効果の色だけでいうと「ケサランパサラン ジャストアズマジック」のアンダートーンライトアップ(オレンジ)が最高です!

コンシーラーはトラブルのレベルや時と場合によって、また、ファンデーションやパウダーの相性で選べばいいのですが、なかなか”帯に短し、たすきに長し”・・・なんですね。

そこで最後に、一押しが「THREE コレクティングコンシーラー」。
three.jpg
これは専用パウダーもセットされたパレットタイプ。だからさすがにこれだけで完結します。
コンシーラーの密着感がよく、専用ブラシの質もとても良いので、かなり手早に凹部分にスポットでつけられる。しっとり感もほどほどあり、密着する割には厚みもないので、目の下のシワも目立ちません。
さらに良いのは、専用パウダー!良く出来たパウダーです。
薄いベールのようにフィットし、きちんとコンシーラーを抑えてくれます。また、マットな質感なのでソフトフォーカス効果(シワ隠し)もあります。
ベストな相性のパウダーがついてるので、他のパウダーを使う必要がなく、仕上がりも完璧に近い!
ただ、欲を言えば、もう一色、クマの青味を消せるオレンジコンシーラーがセットされていて、色の調整ができたら、もっと最高だったのに!

なんて、わがまま勝手な考察を、好き放題述べてしまいましたが、私の目の下のエイジングはますます加速するに違いない!
もっともっと強力な手立てがなくちゃ、エイジング進行には追いつけないよね?

これからも、ますますコンシーラー市場には目が離せません。

1