2011年6月

[2011/06/25] 

いよいよ、恐怖の”節電サマー”に突入した!

昨年の暑さは未だ忘れられないくらい異常だったけど、今年はさらに上をいくのかしら?まだ、夏至過ぎたばかりだというのに、連日のこの猛暑!一体、これからどうなるのよ?

起業してからは、さすがにこの私も、多少なりともきちんと見える身なりを心がけるようになり、真夏もジャケット着用の日が多くなってきた。
だから、真夏の男性諸君の辛い思いが、よ?くよ?くわかるようになりました。
「真夏のスーツ、地獄だよね!でもさ、お仕事だからね・・・」なんて、いたって常識的に我慢してたけれど、でも今年はどうよ?

「15%電力節減」・・・なんて考えたら、常識をかたくなに守ってる場合じゃない!
「そうだ、この際この夏はクールビズ決行!」と思い立った私。

そこで、涼しくて、身体を締め付けず、それなりにきちんと感がある、スタイルは何ぞや・・・と考えた結果、”クラシックなテイストのノースリーブワンピ”に行き着いた。
「よし!今年はきちんと感のある”ノースリーブワンピ”を買い足すぞ!!」

5月、アメリカ・オーランドに行った時に、ひとめ惚れして購入したのがこのワンピ。
1306966310421.jpg

「DIANE von FURSTENBERG」の黄味の強い鮮やかなパープル。日本でよく見るカシュクールのDIANEとはちょっと雰囲気が違っていて、シャッキリ凛とした印象がある・・・。
ニーマンマーカスの平場に、さりげなく吊るされていて、しかも350ドルくらいで超お得価格!これは超掘り出し物??♪とかなりウキウキして購入。

ついでに、”ゴールドのつば広帽子”も買っちゃった!ちなみのこの帽子は、日本円にして2500円くらい。
このワンピに合わせたら、何だかとってもゴージャスに見えそう!!

これは、昨年バーニーズのバーゲンで購入した「PARC LAMU」のワンピ
1308383089863.jpg
フリフリでラブリーなデザインだが、私が色黒のせいか、決して可愛くなりすぎない・・・と旦那もいうし、その言葉も信用して購入。

もうひとつ、先日、渋谷のマークシティのバーゲンで見つけた紺ボーダーのワンピ
縞.jpg
ストンとした長方形のシルエットが70年代風のクラシックな雰囲気!このワンピ、おまけに結構なミニ丈。「いやいや、こんな歳していいのかしら?・・・」と一抹の不安もよぎったが、この際クールビズだからいいか!なんて、全く筋の通らぬ自己弁護を付け加え、購入。

本来、ビジネスシーンで二の腕を出すなんて、あるまじき行為と思っていたが、クールビズを背景にいともこんなに簡単に方針が変わるものか・・・と自分でも不可解。でも、こんなタイミングに乗ることで、吹っ切れるモノもある。
時代の変化を柔軟に受け止めていくことも、これまた楽しいものである・・・なんてオーバーですがね。

さて、ノースリーブワンピを生脚で着るには・・・やはり”テラコッタ”肌でなくっちゃ!そこで、この時期のお手入れに必要不可欠なのが「セルフタンニング」

同じく、オーランドで買った「true blue spa」のタンニングローション。これ、すごくいい!!
タンニング.JPG
ジェル状だから、伸びが軽く、肌がべたつかないし、みずみずしいつやもでる。肝心のタンニング効果も満足いくレベル。
店頭で見た瞬間、「こいつは期待できる!」と直感したんだけど、まさしく大当たり!
私って、この手のモノに対する嗅覚が、とにかく発達してるんですよね。こんなことなら、大人買いしておくんだったなあ。

ということで、現在”テラコッタ肌化進行中!”
さあて、一押しのDIANEのワンピの公開デビュー、いつにしようかな?


[2011/06/01] 

ほんの1週間ほど前まで アメリカに行ってました。
この5月は、韓国、アメリカとよく移動しました。

しかし、アメリカはさすがにしんどい!飛行機に乗ってる時間が長すぎます。
目的地はオーランドでしたが、往路はミネアポリス経由、復路はデトロイト経由・・・。いずれにしても、うんざりする程、飛行機(エコノミーのちんまりした席)に缶詰状態!

帰国してから、若石サロンの足ツボ施術に行ったところ、さすが先生!「尾骶骨が相当疲れてますが、長時間座ってましたか?」ですと・・・ズバリじゃあないですか!
今回ばかりは、アメリカってホントに遠いな・・・と感じました?ぁ。そうは思いたくないけど、やっぱり年のせい???

いやいや、エアラインがいけなかったんじゃないかしら?
だって、普通なら座席シートの前にあるはずの液晶画面がないんですもの!恐るべし、デルタ航空!もう絶対に乗らないから・・・。

ということで、ひたすら寝るしかなかった往路復路。そんなに寝たら、時差ボケで眠れなくなるんじゃないと心配する輩も多いのですが・・・。
おかげさまで、私の海外旅行時の唯一の取柄は、時差ボケが全くないこと
太陽が昇れば目が覚めるし、日が沈み、闇が深まれば眠くなる・・・常に太陽とともに私の身体のリズムは動いているようです。

渡米目的はカンファランスでのお勉強!4年前に取得した国際イメージコンサルタントランセンスを維持するためには、常にカンファランスセッションに出席し、単位をとらなきゃならないんです。
だから、滞在中、遊んでる時間はあまりなし!・・・でも、そんな状況でも、きっちり息抜きするのがこの私。これって、大切なことですよね?

そこで、「やっぱり アメリカだあ?!!!」という感激をおすそ分けします。
唯一、セミナー会場のホテル外で食事した、その帰りに遭遇したゼブラ柄リムジン。見るだけで一気に解放感が高まりました。アメリカですよね?!

IMG_1346.JPG IMG_1362.JPG

これは、デトロイト空港内の風景。なんと、搭乗ゲートの上を真っ赤な電車が走ってました。
搭乗ゲートが余りにも縦長に広すぎるがための対策なのでしょうが、カッコ良すぎませんか!
何だか田舎から出てきたおのぼりさんのように、素直に感激してしまいました。
やっぱり、アメリカですよね?!

こんな光景を当たり前に捉え、生きているのといないのでは、そりゃ?価値観違ってくるはずですよね。

今の日本ってすごく不安!こんなご時世のせいにする訳ではないですが、先行き不透明な不安を抱え生活しているうちに、知らず知らず防御にまわり、思考もこじんまりまとまってしまっているような、そんな自分が見えてきたりして・・・。

「視野を広げる」・・・って、よく耳にする、ちょっとこそばゆい言葉ですが、改めて、幾つになってもその意識って大切なんだと思います。人って 自分が経験したこと以上は想像しにくいし、思考展開も経験の範囲内からなかなか出きれないと思うのですが・・・。
だからこそ、創造力を掻き立てるソースやヒントにつながる、そんなアンテナをどれだけ張り巡らすことができるのかが大事なんでしょうね。

まだまだ、私も・・・「しわ」ではなく「しや(視野)」を広げていきますよ!


1