2010年11月

[2010/11/19] 

すっかりご無沙汰をしてしまいました。

前回のブログから なんと早2ヶ月近くも経っていたなんて、改めてびっくり!

長い間、サボってしまいましたが・・・、いやいや サボるという表現、自分でも可哀相になるくらい、一生懸命、息つく暇もなく仕事していました。ホント、仕事に忙殺されてました・・・。

でも、こんなご時勢、仕事に忙殺させてもらえるって、有難いことだと思います。
そう思うと、いくら肉体的にしんどくても、精神的にはへこたれない・・・むしろ 心のパワーは充実する・・・そんなふうに思えるようになりました。

しかし、気持ちのハリとは裏腹に、現実的な時間的制限には勝てず、「趣味のお美容タイム」疎かになるばかり

そんな時間的余裕のない、アクセクと働く日々を送ると、一体 何に一番影響がでやすいか?

肌??・・・それも然り! 寝不足で顔色がくすみ、目の下のクマはくっきり、小じわさえ浮かんできて、もちろん、ヤバイ状況であることは間違いないのですが、でも、それなりのスキンケア、お手入れ習慣が定着していれば、そんなに激変はしないものです。

それよりも怖いのは 髪の毛髪は伸びてくるので、厄介なんです。
伸びてくることで シルエットは変わるし、本来の癖がでてくるし、毛先は傷むし・・・。
特に私は もともと毛質が良くないので、癖もあいまって ボサボサに広がり、つやもなく、まとまりにくくなるのです。
それは、もう悲惨な状態!

ところが そんな状況を救ってくれたのが 「モロッカンオイル」
モロッコの南西部のみに生息するゴールドアルガンの木の実からとれる植物油ですが、これは かなりの優れものです。友人の強い強いおススメで、軽いお試しのつもりで使ってみたら・・・なんと その使用感、仕上がりの極上感に 思わず唸ってしまいました。
IMG_1226.JPG

ヘアオイルは巷に様々あるし、品質も進化してます。髪のパサつきがひどい時は たまに使用しますが、やはり 進化してもオイルはオイル。つやは出るものの、ちょっとつけ方を間違うと あの艶感や重み感、毛束になる感じが どうも老けた印象を引き起こしてしまい、敬遠してしまうのです。
でもこの「モロッカンオイル」は違います! そんな懸念を見事に払拭してくれました。

濡れたままの毛先につけ、乾かすと、ツルツル、サラサラ、スベスベ、ツヤツヤ!
オイルをすり込んだとは思えないような、軽く、ふんわりした仕上がりの意外性に驚き、喜び、感激しました。
もちろん、乾いた後でも 大丈夫。オイルにありがちな 仕上がりの重さは、全くなく、あくまでも サラサラ、スベスベ!
伸びっぱなしで、ろくにトリートメントもせずにいるのに、広がらず、傷んでいる割には しっとり落着いてくれています。

という訳で、この毛質の悪い問題児(髪)が、こんな潤いのない日々でも 最悪の結果を招かず、何とか保てているなんて・・・私には夢のよう。それも このモロッカンオイルが傍にいてくれたからこそ!

とはいっても、そろそろ美容室に行かなければ・・・ですね。

年齢を重ねて見えてくることって 結構 たくさんありますね。
その気づきを積み重ね、人知れず 秘かに ささやかにでも努力すること・・・、この慎ましやかさと健気さ、貪欲さをなくさず、生きていきたいものです。


1