2010年4月

[2010/04/24] 

気付いたら ブログも随分ご無沙汰。前回から 早1ヶ月近く経っている???
ええっ?? ホントに? いやいや 毎日に忙殺されているんですね、情けない・・・。

「忙」って漢字ですが、「心」が「亡びる」て書きますよね。つくづく 自分の中でのいい感じの手抜き加減、風穴の通し具合を 自己コントロール術として身につけておきたいものです。

今日はやっと春らしくなってきましたが、今年の春は陽気まで不安定で異常です。
寒い春のみならず、梅雨みたいな春となり、寒さと雨に弱い私にとっては 耐え難い日々でした。

また来週は雨になるとか・・・もしかしたら このまま梅雨に突入してしまうんでは・・・それが恐怖です!
何故なら 私の髪には 雨が天敵なのです!!!

湿気でカールがとれるなんてもんじゃなくて、髪本来の癖が浮き出てボサボサになり、2倍くらいに膨れ上がります。何ともこの悩みは、永遠の課題だったのです・・・が。

そんな折、友人から すごいお得ネタを教えてもらいました。

それは ウィっグ! 頭頂部につける薄毛カバーのウィっグではありませんよ。(と言いつつ、5年後には必要かもしれないけど)。部分的につける、すだれみたいなウィッグです。エクステみたいなものですね。
IMG_0760.JPG

表面の地毛を少量とって 頭の上に分け上げ、そこに このすだれ状のウィッグをはさみ、しっかり留めます。
そして分けておいた地毛を下ろすと カールの効いた艶やかなロングヘアーが出来上がり!

つけ方は とっても簡単。慣れれば 忙しい朝でもラクラクにつけられます。

ただ、注意はいくつか必要で・・・。

色とボリューム感のバランスがいいことが 何よりも 自然にみせるポイントでしょう。

まず、地毛の色にあったウィッグカラーを選ぶこと。もしくは ウィッグカラーに合わせて 地毛を染めるかで、とにかく色をあわせることが大切。
もう1つは ボリューム感のバランス。ボディバランスに合わせて長さも調整した方がいいし、顔型に合わせて 毛量も梳いて調整した方がいいし、地毛のカットとのつながりや相性もみて バランス調整します。
つまり、ウィッグをつけて バランスをみながら ウィッグをカットしてもらいます。

だから 美容室での購入が便利です。

私がお世話になったのは 「BLANCO」南青山店の宮脇さんです。「BLANCO」の副社長さんだそうですが、とっても気さくでサバサバとした粋な女性です。
宮脇さんが色を選んでくださり、私に合うバランスになるよう、ウィッグをササッといとも簡単にカットしてくださり、みるみるうちに 自分の髪の毛のように馴染ませてくださいました。

思わず 自分でも「オオッ??!」と声が出るくらい感激しました。

何の手間もかけすに カールヘアにできる・・・これは文句なく便利! 
自分でコテをあてカールヘアをつくる作業って、ホント 慣れたとは言えども 手間と時間がかかることで かなり気持ち的パワーの必要なことです。もちろん 髪が傷みますしね・・・。
でも これらの煩わしさが 全くない!

ちょっとつけるだけで 華やかにもなるし、若くも見えますし。

実はもっと有難いことは 雨の日に便利ってこと。

自分の髪の毛を このウィッグが上から押さえつけているので 髪も広がらないし・・・いや 広がっているのでしょうが ウィッグで隠れているので わからない・・・という方が 正解でしょう!

ちなみに 使用前、使用後を ちょっとだけお見せしますと・・・・
IMG_0759.JPG

IMG_0767.JPG

こんなカールヘアが 瞬時にして仕上がるんです。

だから どんな横殴りの雨の日でも 平気!!!
艶やかなカールヘアは 表情を変えることなく 常に 優雅にふるまってくれています。有難???い!!!

つけ始めて2週間くらい経ちますが ホントに便利。特に最近 雨が多かったので、このすだれウィッグの実力は 十分に堪能させていただきました。

しかも、人に気付かれないのが 楽しいんです。ちょっとした悪戯感覚ですね。

IMG_0769.JPG

家族を含め、毎日のように顔を合わせている人さえ 気付かない。いろんな方に会いましたが、まずもって 気付かれないんです。今日はキレイに髪の毛カールしてるな?って思うくらいだそうで・・・。でも まさか・・・ウィッグとは 思ってもみないようです。

でも 3人だけにはばれました。会った瞬間に すぐさま 指摘をしたツワモノがいました。
2人は年下の友人。いずれも 観察力の優れた方々です。もう一人は 私の娘・・・さすがです(笑)!

今のところ 娘は 私がもっとも信頼をおく ファッション評論家です。
子供って素直かつ シビアなので 評価がニュートラルで 勉強になります。また ちょうど ファッションに興味がある年頃なので、時代の匂いみたいなものを 感覚的に捉えていて その価値観を聞くのが面白いんですよね。

ちなみの 娘の評価は・・・「時と場合によっては それもいいんじゃないの!」と いたってクール??!!
はい、その通りでございます。

ということで、このウィッグのお陰で 今年の梅雨だって 怖くない! と かなり強気でいけてる私です。

「BLANCO」の宮脇さん、そして ウィッグに導いてくれた桑田さん、本当にありがとうございました。


  

1