2009年10月

[2009/10/27] 

またもや 『109』でテンションあげてしまいました。

友人が『109』見学したいって言うので ただ付き合っていただけのつもりが、いやいや 探していた靴、見つけちゃいました。

今年のブーツは やはり「ニーハイ」。

一昨年あたりから ミニスカートの購入枚数が増えてきまして・・・。といっても、それ程激しいミニではなく、何とかオバサマでも許してもらえそうな丈です(自分勝手に決めてますが・・・)。それでも やはり 「この年でミニをはくには 世の中への礼儀があるだろう・・・」と謙虚な気持ちを持っている私でして・・・。

だから 「ミニスカートの時は 膝をださない」・・・これが 私のルール。

ということで、「ニーハイブーツ」は 私には欠かせいアイテムで、既に この数年愛用しています。

最初に「ニーハイブーツ」を購入したのは 約10年前。その時、世の中に初めて「ニーハイ」なるモノが登場したと思うんですよね、確か。
購入目的は 結婚披露宴への御呼ばれ。ミニワンピを着て、そのコーディネイトに ニーハイブーツを合わせたかったからです。さらに 超巻き巻きのロングのつけ毛をつけて かなり非日常的なスタイルで出席しました。

でも、今考えれば 怖い話です。この結婚式、実は会社の部下の結婚式で、しかも 私は 何と新婦側の主賓挨拶をお引き受けした身だったのです・・・。いやいや、本当にお恥ずかしい限りです。

その苦い思い出の「ニーハイ」は あまりオフィス生活では活躍の場もなく、休眠状態だったのですが この数年 またもや引っ張りだしてきました。

意外にも 今のニーハイとさほどシルエットが変わらず、新たに買い足したニーハイとともにスタンバイしているのですが、これらのニーハイ・・・悪くないけど、ちょっと重く感じる気配もありまして、もっと細身のニーハイを探してました。

ニーハイって すっぽり膝上まで隠れるし、かなりボリューム感でるので、これとバランスがとれるのは、やはり思いっきりいいミニ!控えめなミニだと 足が見える分量がほとんどなく、かえって重く野暮ったくなると思うんですよね。

だから、重量感の出過ぎない「細身のニーハイ」を探してました。

そこで 出会ったのが 「POOL SAIDEのストレッチニーハイ」。皮ではないのですが ポリウレタン混の布帛素材で、適度な光沢感があって 定番ニーハイにはない個性と華やかさがあります。
光沢があるので写真ではグレーに見えますが、色はブラック。少し、オンナっぽくも着こなせそうです。
何よりも嬉しいのは 足が細くみえ、スタイリングがすっきり仕上がることですね!!!今年の冬は 重宝しそうです♪

IMG_0497.JPG

私の一部始終をずっと眺めていた友人いわく・・・「成る程、細く見えるもんだね・・・」。そのまま、膝上まで伸ばしても重く見えないし、折り曲げて 膝丈にしても それ程 厚みなくかさばらず・・・しかも 1万1000円!これは買うしかないでしょう!!

こんな事で 心躍らせていたら ついつい購買意欲が爆発してしまいまして・・・。

さらに止まらず 購入すること パンプス2足。今年ならではのアニマル柄とラメ素材、迷いなく即買いしました。
いずれも デニムやスリムパンツに合わせて カジュアルに履きたいと思ってます。
IMG_0498.JPG

今年はアニマル柄ばやりですが 服に選んでしまうと かなり迫力が出すぎるようで・・・さすがに 自粛すべきかと。ならば 靴くらいで楽しみたいものです。ラメ素材のものも マニッシュなスタイリングをした時には 程よいオンナ度アップのスパイスとなってくれることでしょう。

しかも、3足購入しても 3万円からお釣りが来るほど!だから、『109』の買い物って 楽しくて止められないんですよね。これだけ 心ウキウキ買い物ができれば、今年限りの使用でも 全く惜しくないですもの!
決して感心できる木型ではないですが、履き心地はそこそこ。一年 履き潰します。

そうそう、今朝のテレビ情報によると、足のむくみはブーツによる締め付けが最大の原因だそうです。次に良くないのが、高いヒール。私は 足に身体に過酷な靴ばかりが好きなんですね。

実は 今朝からぎっくり腰気味で、今もかなり際どい痛みに耐えてます。清澤からは「そんなヒールの高い靴履いてちゃダメでしょう!」と怒られつつ・・・。

ファッションを楽しめるのも健康な身体があってのこと。
疲れを溜めず、適度に運動をして 筋肉つけて、身体にいいモノ食べて・・・心、身体のバランスとれてこそ、人生が2倍、3倍と楽しめるんでしょうね。

早く 腰を治さなきゃ!!!

[2009/10/18] 

韓流ブームもすっかり定着した今日・・・

韓流スターには全く興味のない私ですが 韓国料理は大好物!そもそも 刺激物系が好みなので あの辛さと相性がよく、さらに野菜のバリエーションも魅力です。
身体にいい漢方素材が多く、身体を温めるので 代謝を高め、脂肪も分解してくれるとよく言われますが、私も韓国出張で、実感しました。
韓国料理の美味しさに かなりの暴飲暴食を許してしまったにもかかわらず、帰国しても体重は増えてなかった・・・という経験をしてから さらに韓国贔屓になりまして・・・。

なので 韓国コスメには とっても興味を持っていました。肌にも良さそうな気がして・・・。
そんな折、「HANBANG化粧品」の高山社長とお二人の美人秘書に会える機会をいただき、お食事をご一緒させていただきました。

「HANBANG」とはハングル語で 「漢方」という意味。その名のとおり 高麗人参などの漢方成分で処方された化粧品です。フラッグショップは銀座にあります。
イメージキャラクターの「ソン・スンホン」でお馴染みの方もいらっしゃるかもしれませんし、銀座で走っている白いロールスロイスを見かけた方もいるかも・・・。あの白いロールスロイスは HANBANG化粧品のお客様の送迎用なのです。
サービスも丁寧でゴージャスです!

さて、そのHANBANG化粧品の高級ライン「姿人(ザイン)」のスキンケアキットを 高山社長からいただき、早速使わせていただきました。2週間ほど経つのですが、確実に肌にハリとツヤが増してきました。

韓国女性って肌のキレイな方が多く、いろんな場面で出会う 特にリッチな雰囲気のマダムの肌は とびきりキレイです。キメが細かく、毛穴ひとつない肌は ゆで卵をむいた時のツルンとした滑らかさ同様で、さらにピンと張り詰めたハリ感と 透きとおるような透明感・・・まさにセレブな肌!

HANBANGのスキンケアも まさにそんなセレブなマダムを連想するような感触です。

洗顔後につけるスキントナー(化粧水)、エマルジョン(乳液)、アイクリーム、ジェルクリーム、そして最後に スリーピングパックと 5品を重ねる、じっくりと丁寧なスキンケアで、「肌に至れり尽くせり」のお手入れ
IMG_0487.JPG
1つ1つがリッチな感触ですが 全品重ねても決してべたつきなく 肌に重過ぎず、むしろ明日の肌が楽しみになるようなモチモチした潤いのある肌に導いてくれます。
特に乳化系(乳液やクリーム)は特長があって 伸ばすときは みずみずしく軽やかにスルスルと伸びるのですが、適度にピタッととまり、しっかりとした保護膜をつくってくれます。水分を封じこめる感じ!
個性的なアイテムは「スリーピングパック」。クリームをつけた上に 「これでもか!」と言わんばかりに重ねるのですが、確かに存在の必要性を感じさせる封印感を実感します。蓄えた水分や栄養を逃がさないよう、肌にピタッとラッピングするような気合が感じられ、一日の肌ストレスをリセットし、「明日も元気な肌で頑張るぞ!」てな気持ちをかきたててくれます。

フルでお手入れを続けていたら 「何だか 肌のハリとツヤが増したみたい!」「ほうれい線が浅くなってない?」「何だか肌がゴージャスになったみたい?」なんて 心ウキウキする私・・・。

いいんです、たとえ自己満足でも・・・。自分がキレイになったと思えば ホントにキレイになるものなんですよ、オンナってね。

時間がない時は 簡単で合理的なお手入れも有難いけど、たまには 丁寧に肌と向き合い、肌と語り合い、じっくり時間と手間をかけてお手入れするのも大切です。ただ改善効果だけに目をむけるのではなく、五感を刺激しながら化粧品や肌の感触を楽しむことが 心の癒しにもつながります。心が満足すれば それが肌をキレイにすると信じてます。
だって、肌と心はつながっているんですもの。いえいえ、身体もつながっています。

だから 化粧品は「肌につけるものではなく 心につけるもの」・・・それが 私の持論です。

HANBANGは漢方処方なので もちろん高麗人参がはいってますが なかでも貴重な「山人参」が惜しみなく配合されてます。しかも 110年かけて育てた山人参だけをセレクトしてるそうで、これを掘り当てるのは その道の専門家でしかできない業であるとか・・・。
実は「高麗人参ジュース」もいただいたのですが、きっとかなりお高いのでは・・・と思います。白濁色で 飲みやすい工夫をしてくださったので 思いの外 飲みやすかったです。
うちの清澤は すごいスピードで一気飲みして、飲み干した直後に「何でしょう?身体が急にかあ?っと熱くなりました!」と興奮気味のコメントを発しました。効いたんでしょうかね・・・!私はそれ程ではないのですが、その夜はかなり熟睡できました。きっと身体が温まったのかもしれません。

この高麗人参パワーが HANBANGスキンケアには効いているのでしょうね。

日々つくづく思うこと・・・。やはり 年を重ねるごとに大切なのは 「肌のハリとツヤ」。
多少シワがあっても それは年輪として好意的に受け止めることができますが、ハリやツヤは人相を変えます。何だかハリやツヤがないと 貧相にしぼんで見えるんです
人生、苦労や悩みはつきものですが、やはり顔には出したくないものです。

長く生きてきたからには 自分の人生に責任持った堂々とした顔でいたいです。そんなイキイキした表情にみえるのは、やはり「ハリとツヤ」があってこそ!人生を謳歌している余裕させ感じさせます。

だから ハリとツヤへのあくなき追求は続きます。ゴージャスなセレブ肌を目指したいから!!!


[2009/10/13] 

今日は ちょっぴりブルーであります。
というのも 昨日 ショッキングな出来事がありまして・・・。もはや 睫毛の一大事なんです。

昨日 仕事が終わってから 一目散に向かったのが 睫毛の「エクステサロン」。いつもの リペアをやっていただきに・・・。

睫毛エクステとは かれこれ3年くらいのおつき合い!3?4週間に1度、メンテナンスに行ってます。
いろんなお店で試して、技術力や安心感、居心地の良さ、価格など総合的に考慮し、今のサロンはベスト。時間的融通もきかせてくださり、ホントに助かるサロンです。だから いろんな方にもお勧めし、エクステファンを沢山作りつつ、そのサロンにも送り込んだのですが・・・。

エクステって ホントに便利で、マスカラを使わずして パーフェクトな睫毛が作れ、また その状態がキープできます。
しかも メークを落としても エクステの威力で睫毛がふさふさなので、素顔が淋しくならず、老け込まず、顔にメリハリがあって、休日はノーメークでも外出できるほど。

そもそも私は かなり睫毛のボリュームに拘るタイプで、メーク時にもっとも気にすることの1つは睫毛。時間をかけて丁寧にたっぷりマスカラをつけ、つけ睫毛に間違えられるような目元にしていました。

だから このエクステの存在は 私のお美容道にはなくてはならない、かなり重要なポジションを占めていました。

ところが、事件です・・・。

なんとも 昨夜は その信頼するオーナーの方から、耳を疑いたくなるような言葉が発せられました・・・。

「宮本さん・・・、あのゥ・・・ちょっとエクステ お休みした方がいいようです・・・」 「ええっ??!どうしてですか?」と私。
睫毛がかなり弱ってきてます・・・」と言いにくそうに・・・。「弱ってるって?どんな風にですか???」
「あのゥ・・・睫毛が痩せて細くなってきて・・・、前はきれいにカールしてたのに、今は そのカールもなくて 下に下がって生えてきてるんです・・・・。」

なんですって!!! 毛が細くなり、さらに下向いて生えてきている???

今更こんな事を言うのもなんですが・・・私はもともと 顔のパーツの中で 最も睫毛が自慢で、毛が太く しかも長?くクルリンとカールしていて 嘘偽りなく 睫毛にマッチ棒が何本も乗せられるのが 宴会芸の1つでした。
まさに つけ睫毛と間違えられるほどの自睫毛だったのに、その自慢の自睫毛が なんとエクステで失われてしまうなんて・・・・。

だったら エクステなんてやらなきゃ良かったじゃない・・・って言われるのですが、今そんなこと言われてもねえ。
とにかく便利だったもので・・・。でも 実は 自分でも ちょっと自毛の様子の変化に気づきつつあったのです。
ま、いくら悔やんでも 時すでに遅し!!!

でも よく考えてみれば納得する話ですよね。エクステって 勿論 睫毛に負担をかけているのはわかりきったこと。だから、程ほどにやるとか、休みをいれながら継続するとか、もうすこし睫毛の気持ちになってあげれば良かったということですね。
私のように目先の完成度やラクさばかりを優先してはいけないってコトなんでしょうね。

さて、どうしたもんか!問題は 今後の対策です。
すでに 自睫毛は 3年前とは変わり果てた姿。オーナーの言うことを聞いて しばしエクステをお休みするにしても、この淋しい睫毛でいるわけにはいきません。かといって、マスカラをつけるのも やはり同様に負担をかけるとのこと。
だとしたら 回復するまで つけ睫毛に頼るしかないのでしょうか?オーナーは それがベストと言います。

しかし さらなる不安は 本当に自睫毛が回復して、もとの長くてクルリンな毛が生えてくるのでしょうか?
そうでないとしたら・・・うううっ・・・こんなネガティブなことは考えないことにしましょう。

そうだっ!! リバイタラッシュみたいな 今話題の育毛効果があるクリームを塗ってはどうか??
しかし オーナーいわく これはNOだそうです。エクステ業界の研修で これは色素沈着を起こす危険性があるとの報告を受けたとのこと。色素沈着は さらに怖いです。

なかなか すぐには結論を出せない一大事です。しばし、頭を悩ませ、解決策を考えたいと思います。どなたかいい案、または解決法をご存じでしたら、是非ともご一報くださいませ。

しかし、こんな中 感激したのは オーナーの正しいアドバイスです。
確実にリピートを繰り返すであろう(すごくいい客)私に、よくぞ 正直かつ的確な忠告をしてくださいました。
それは 「正しい方法で 長くエクステを愛用してほしいから」だそうです。これぞ、まさしく プロしかできない潔さと思慮深さだと思いました。こんな場面に遭遇できたのは 嬉しい限りで、貴重な体験でした。

大ショックを受けたにもかかわらず、ちょっと清清しい思いをさせていただいたことも ご報告しておきます。