2009年4月

[2009/04/27] 
画像IT用2.jpgこんにちは。宮本雅恵です。

気が付いたら アラウンド50となっており、いささかこの数字には戸惑うものの
物心ついた頃から 美容、ファッションフェチまっしぐら・・・、年を重ねるごとに
拍車がかかり、フェチ度は ますます進化しております。

この30年、どれだけ美容、フャッションにお金と時間と労力を惜しまず、費やしてきたことか!

しかし、その結果 私の中ではっきりと結論がでたこと・・・
それは 「アンチエイジングとは まさに気力との戦いである」ということです。

もちろんお金をかけられればそれに越したことはないですが
でも、お金にものを言わせすぎると 不思議とそれが見た目でわかり、奇妙なアンバランス感を醸し出しているような・・・そんな方、いえ 光景を よく目にしませんか?

「アンチエイジングとは気力との戦い」・・・ そう、”気は心”です。
ざっくり言えば 心や気持ちの持ち様が何よりも勝るということです。

化粧品は 肌に塗るものです。
でも 実は肌に塗っているのではなく 心に塗っているんです。
高くても安くても 自分に合うと心が満足すれば 肌はどんどんキレイになっていきます。

もちろん 肌性との相性、肌悩みの改善効果の有無など、基本要素のチェックは 当然ながら必要です。
ただ、敢えて暴言すると・・・星の数ほどある化粧品ですが、それ程 品質的に大きな差異はないということです。

つまり、そこに 「これが私をキレイにしてくれる」と信じられる、心惹かれる要素があるか否か!
それが自分にとっての最高品質なのです。

40過ぎたら 肌や体は駆け足で坂道を下ります。悲しいかな・・・。
ましてや 50になると もう崖っぷち!
少しでも気を抜いたら 一気に転げ落ちてしまいます。

そこで、気力が大切なんです。
下り坂で、崖っぷちで 踏みとどまる気力が・・・。

でも 気力って、心が後ろ向きで沈んでいては 鼓舞なんかできやしない。
だから 「アンチエイジング」ではなく 敢えて 「ウェルエイジング」

明るく前向きに、そして 時代と自分に貪欲な好奇心をもって、エイジングに挑んでいきたいのもです。
そうすれば 自ずと気力がついてくる。
財力で美を支えるより、凛とした気力で美を支えた大人の方が、ずっとカッコいい。
若さと引き換えに 年を重ねることで醸し出せる美があるはず・・・。
それを勝手に 「ウェルエイジング」と呼んでます。

これから 「ウェルエイジング」を大テーマに 美容ブログを書き続けていきます。
数々の経験の中で、成功事例や失敗談を赤裸々にお伝えいたしますので
皆様の「ウェルエイジング」道の参考にしていただければ幸いです。

では、また。


1